読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

長い人生には、晴れの時もあれば曇りもある。むしろ雨が続くことだってあるかもしれない。けれども雨は必ず止む。そしてまた晴れる。そんな気持ちを持ちながら世の中に溢れている気になることを自由気ままに綴っていきます。

いつまでも燻っていたくないあなたへ!!同僚に差をつけていち早く出世する方法

/* */ @import "http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"; /* */ /* */ @import url("http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"); /* */ .entry-content { font-size:16px; line-height:1.8em; }

4月1日は、多くの若者たちが真新しいスーツを身に纏い社畜への一歩を踏み出した記念すべき日です。まだ、社会人いう意識はなく集団で行う研修もあり大学生気分の方が多いでしょうが、3か月もすれば研修も終わり、各部署に配属されることになると思います。配属されてから先輩や上司に「コイツは出来るな」と思われるために、絶対にやっておくべきことを今から教えます。

出世には興味ない方でも、仕事をする上で人脈形成は大事なので是非参考にしてみてください。

 

昼ごはんに弁当なんか食ってんじゃねぇ

入社してから半年から1年は、コンビニで買ったりせずに必ず先輩や上司と昼ごはんを食べに行け。これ絶対。

私が配属された部署には私の1年上の先輩がいたが、その人は巷で流行りの「弁当男子」でした。 お金の管理もしっかりしていて、1人暮らしにも関わらず1年間で100万円以上を貯金したらしい。すごい。。。自炊もして、貯金もできる先輩だけど上司や年齢が上の先輩にはあまり可愛がられていなかったです。

当たり前ですよね。そんなやつ後輩として、全く可愛げがないですから。1年後輩として入社した私と私の同期の方が色々なところにご飯に連れて行ってもらったり、ゴルフに連れて行ってもらったりしていました。

昼時になったらよっぽどダメな企業じゃない限り、昼ごはんに誘ってくれるはずです。

その時は、迷まず「行きます!!」と元気よく返事をしましょう。

 

社内の人をいち早く知れ

誰が誰と仲が良くて、同期は誰なのか、年齢はいくつなのか、結婚はしているのか、子供はいるのか、中途入社なのか、どこの出身でどこ大学なのか、などなど。社内の同じ部署内の人のことを知っておいて得することはあっても損することは一切ないです。

人は過去に自分が経験した大変なことや自慢話をしたくてしょうがないものなんです。特に年齢が上になればなるほど。自分の話に興味を持って色々と質問をしてくる後輩は可愛くないはずがありません。どんどん質問をして、その人のことを深く知ろう。

その時に一つ注意しておきたいのが、話を聞いた内容はしっかりと覚えておくこと!!

本当は興味がないけど、聞いてあげてるといった上から目線の気持ちでも構いません。(それが、態度や仕草に出なければ)

でも、話の内容を覚えてなくて同じ質問も何度も何度もしていたら、可愛い後輩から一気に脱落してしまいます。

それだけは注意してください。信頼を築くのは時間が掛かるけど、信頼が崩れるのは一瞬で、しかも内容は些細なことが多いです。

 

乗る船を見極めろ

部署内で偉い人の順番は誰もがわかりますよね。部長がいて、その次に次長(いない会社もあるかもしれません)その次には課長がいて次は係長。。。。

役職がついていれば、もちろんどの人が社内で権力を持っているのか一目瞭然です。しかし、そんな上の人たちは入社1年目のペーペーがどんな仕事をしていて、どんなことに困っているのかなんて知りません。ここで、見極めなければならないのが30歳前後の若手のホープ社員が誰かということです。部長や課長は社内の色々なことで頭がいっぱいです。昇格のタイミングでは、部長や課長が若手のホープ社員に「あいつはどうだ?昇格はまだ早いか?」なんて聞いたりしています。そこで、「あいつは頑張ってますよ。」なんて一言があれば、もう昇格決定ですよ。

会社の人事なんて、好き嫌いが絶対反映されるんですから。同じ年齢で同じ実力の人間がいたら、自分が可愛がっている方を出世させるでしょう。人事だって、人間なんだから。

 

以上、同期に差をつけて出世する方法を 書いてきましたが、どうでしたか?

会社ってこんな面倒くさいんだと思いましたか?それとも、これだけで出世できるのと思いましたか?

簡単だと思った人はすぐにでも実践して、いっぱいお金を稼げるようになりましょう。

面倒くさいなと思ったあなたは、のんびりのらりくらりと過ごしてください。よほどのことがない限り、クビにはならないと思いますので。。。