読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

就職活動に失敗したからってそれがどうした??人生何が起きるかわからないから楽しいんだ!!

3月1日に就職活動が解禁して、街中にはリクルートスーツを来た若者たちが溢れている。どうせ、どいつもこいつも、同じようなスーツで同じような髪型、同じようなことを面接で言ってんだろうなと。懐かしい。

 

偉そうにこんなことを書いているけど、就職活動をしていた当時は私もリクルートスーツ着て、会社説明会行ってみんなと同じような自己PRをしていた。そして、多くの学生が志望するように大手企業ばかり受けていた。というよりも、CMや広告を出している企業しか知らなかった。その中でも、私は学生人気が高いマスコミ業界を目指していた。根拠のない自信が私には、あったのでどこかしらの有名企業には受かるだろうなと簡単な気持ちを持って就職活動に挑んでいた。

それが5月になっても決まらない、周りが徐々に決まりだしてもまだ自分は大手企業には決まらない。やばいやばいなと思いながらも、あまり焦りはなかったような気がする。そして7月に、ちょっとブラック企業臭が漂っているネット広告代理店に内定をもらった。ここで、とりあえず就職活動を一旦終えた。あとは、他の内定が決まったが学生と同じように学生最後の夏休みを満喫していた。

夏休みを大いに満喫していたが、あまりにも大学生は暇な時間が多い。将来について、ものすごく考える時間がある。ホントにこの会社でいいのか?将来どうなるのか?俺は、どうなってしまうのか?色々な思いが胸の中を渦巻いていた。ものすごく難しい迷路に迷いこんでしまったみたいに答えが全く見つからなかった。

 

長い時間かけて、私は就職活動をもう一回するという答えを導き出した。俗に就職浪人というやつだ。他の大学生とは違い、1回就職活動を経験した私は2回目の就職活動は結構うまくできた。でも、有名企業の内定を取ることはできなかった。周りから見たら、多分失敗だろう。就職活動を2回もやって有名企業に内定することはできなったのだから。自分の中では認めたくないけど、私の就職活動は失敗だろう。それでも、私はいまもブログを書くことができるくらいには元気に生きている。仕事もしていて、毎日ご飯も食べて休日には、サッカーや友人たちとお酒を飲んで楽しく過ごしている。

就職活動を失敗したって、死ぬわけじゃないし、そこで人生が終わるわけでもない。周りの人間が急に変わるわけでもない。何も変わらない。

 

今、就職活動をしている大学生に声を大にして伝えたい、就職活動が失敗したからってどうした?大手企業に内定したからってそれがどうした?志望企業に内定をもらえなかったってそれがどうした?

 

人生は長い。いくらでもやり直せるんだ。