読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

パチンコにはまっている大学生あるある

日記

f:id:yanoshiho:20160216175519j:plain

パチンコとは、ガラス板で覆った多数の釘が打たれた盤面上に小さな鋼球を盤面左下から弾き出し、釘に従って落ちる玉が特定の入賞口に入ると、得点、あるいは賞球が得られる遊技(ゲーム)。漢字表現は「自動球遊器」(Wikipediaより引用)

 

 

日本人にとって、一番身近なギャンブル、パチンコ。私も大学生時代ははまってよく行っていました。どうやったら勝てるか、パチンコ攻略本をコンビニで立ち読みしていました。友人とノリ打ちをしてパチンコ屋に行く前には勝つことを想定して、でかい夢を語り合っていました。そして、そんな夢が叶うことなくどれくらいの無駄なお金と無駄な時間を過ごしたことでしょう。あぁ、懐かしい。

今回は、パチンコにはまっている大学生によく見られる「あるある」事例を書いていきたいと思います。周りにこんなやついるわ。これ、俺のことだ。そんな風に思いながら、読んでいただければ嬉しいです。

 

  • 勝ったときだけ、みんなに話す
  • ゾロ目の日(例、7月7日など)は必ず当たると信じている(大学時代、平成22年2月22日は朝5時から並びました。)
  • 財布に入っているお金は全部使っちゃう
  • 勝ったら焼肉など豪華なご飯を食べるけど、負けてもどうせ食べる
  •  2万円投資して、1万5千円分の玉がでたら、勝った気分になる(ほんとは5千円負けている)
  • 勝ったお金はパチンコに消える
  • 新台がでる当日は大当たりが出やすいと思っている
  • 負けた話は誰にも言わない(聞かれたら、渋々話す)
  • 自分が座っていた台が当たっていないか気になる(はまっていたらホッとする)
  • 激アツの演出がきたときに、タバコの火をつけてドヤる
  • 大負けしたその日は、「パチンコはもうやめる」と口にするが、その1週間後には打ちにいってる
  • パチンコで勝ってから、欲しいものは買うようになる(結局負けて、欲しいものも買うので無駄)
  • 大勝ちしたときは、世界が自分を中心に回っていると思うほど、有頂天になる
  • 勝ったやつは神様
  • あと1万円でやめようと思いながら、2万円は使う(ただのバカ)
  • 勝ったやつの話を聞くと、自分も勝てる気がする
  • youtubeで大当たり動画を見てから、実際にパチンコを打つと当たらなさにイライラする                                 

大学生でパチンコにはまっている人は、心当たりがあるんじゃないでしょうか。ドキッとしたそこの君。パチンコは程よく遊びましょう。というか、やめましょう。パチンコ以外に夢中になれるものを探した方が楽しいし、今後のためになります。

私の友達の中でいまでもパチンコを日常的にやっている人間は、学生時代からほんとに成長していません。だけど、クズ話が聞けるのですごく面白いんですが。。

 

時間に余裕がある、大学生時代にパチンコにはまるのはすごくもったいないと思います。親に借金してでもいいから、海外に行くなど学生という時間がある特権を生かして、色々なことにチャレンジしてほしいと思います。

 

色々考えた結果、チャレンジの方向がパチンコであれば、それはそれでいいのかな。。。あくまでも適度に楽しむ範囲であれば。。