読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

長い人生には、晴れの時もあれば曇りもある。むしろ雨が続くことだってあるかもしれない。けれども雨は必ず止む。そしてまた晴れる。そんな気持ちを持ちながら世の中に溢れている気になることを自由気ままに綴っていきます。

歯医者さんでは何が正解なの?

/* */ @import "http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"; /* */ /* */ @import url("http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"); /* */ .entry-content { font-size:16px; line-height:1.8em; }

綺麗な歯の人は好きですか?

f:id:yanoshiho:20151214230832j:plain

 

最近、10年ぶりくらいに歯医者に行ってきました。たまに、食事をしていると歯が痛んだりするので虫歯があるかな〜なんて思いながら行ってきたら、なんと虫歯なし、虫歯になりそうな気配の歯も一切なし。

歯医者さんも絶賛してました。

「いや〜、いいね。ほんといいよ。」

なんて言ったりして、僕の健康体の歯に惚れ惚れしていました。

 

 

でも10年近く歯医者に行ってなかったので歯石は相当溜まってるらしく、超音波でブラッシングをされました。

こんな感じで寄ってたかって僕の口の中をひねくり回してきました。

 

f:id:yanoshiho:20151214231434j:plain

歯医者さんでこんな感じに寄ってたかられた時にどうやって過ごしているののがベストなのだろうか。みなさんはどうしていますか?

 

僕の場合は、2パターンの方法でやり過ごします。

 

①どこか1点をひたすら、見つめて目を開けたまま終わるのを待つ

ただひたすら、ぼーっとて天井を見つめる。

下から、人の顔を見つめる機会もないので、歯医者さんの顔をぼーっと見つめるのもいいかもしれませんね。

 

 

②瞑想する(目を瞑る)

目を瞑ってただ時が過ぎるのを待つことができればそれはそれが1番いいでしょう。しかし、1番初めに目を瞑るタイミングだったり、唾を飲み込んで良いタイミング、口を閉じるタイミング等、目を瞑ることによっていろいろな障害が起きてしまう。この間、私が歯医者にいったときは、終始目を瞑ってただ時が流れるのを待っていた。だが、問題が発生した。目を瞑っていると、ブラシをしている先生の休むポイントがわからず、先生の休憩ポイントはまだにも関わらず、ちょっとブラシの間が空いたから、口を閉じて唾を飲みこもうとした瞬間、前歯にブラシが直撃した。

 

僕:「あぅ(痛っ)、すいません。」

先生:「失礼しました。(淡々と作業を進める。)」

 

ここからは2人の間に非常に気まずい空気が流れたのは言うまでもない。

目を瞑っているとこのようなデメリットがある。

 

なんか良い方法ないのかな。このなんとも言えない気まずい感じが歯医者から足を遠ざけているんだろうな。

みなさん、何か良い方法ありますか?

歯医者さん、どっちの方が良いでしょうか?