人生曇りときどき晴れ

長い人生には、晴れの時もあれば曇りもある。むしろ雨が続くことだってあるかもしれない。けれども雨は必ず止む。そしてまた晴れる。そんな気持ちを持ちながら世の中に溢れている気になることを自由気ままに綴っていきます。

大企業と言われる会社にいる人ほどやる気がない理由

 

f:id:yanoshiho:20160214031403j:plain

大企業…『大企業(だいきぎょう)とは中小企業の基準を超える企業。特に、誰でも企業名を知っているようなものは有名企業とも呼ばれる。また、慣例として大手企業(有名企業のうち各業種のトップを占める数社~十数社)・準大手企業(大手と中堅の中間に位置する企業)・中堅企業(大企業に属する会社のうち資本金10億円未満の企業及び中小企業に属する会社のうち資本金1億円以上の企業)に分類される場合がある。』

wikipediaより引用

 

困った時の味方wikipediaによると中小企業の基準(資本金の額が3億円以下、又は 従業員数が300人以下の会社)を越えている会社は大企業に分類されると書いてある。

従業員300人以上で資本金が3億円以上であれば一応大企業なんだと思うと意外な感じがする。大企業ってもっと人数多くいて、資本金も何十億とかそんなイメージだったけども、世の中ではこれが大企業の基準ということか。

 

大企業の一般的な定義を書いたが、今回の記事でいう大企業はwikipedeia先生がおっしゃる大企業の中でも、誰もが知っているような有名企業になります。

 

有名企業の社員は責任感が皆無

これほんとです。(もちろん、すごく優秀な人もいるんだと思いますが。)

社員や関係部署が多いからなのか、誰かがやってくれるだろう、どうせなんとかなるだろう。一緒に仕事をしていてそんな対応をする人がものすごく多い。メールをしても、いくらたっても返事がこない。返事がこなさすぎて、急に電話して至急〇〇を送ってくれなんて言ってくることもある。バカなのかな。よくそれで仕事が回るなと。

有名企業に入社できるということは、優秀な大学を出て難しい採用試験を突破しているはずにも関わらずこういった人材があふれている気がする。

なぜ、有名会社に入社すると責任感が皆無に、そしてやる気も皆無な状態になってしまうんだろうか。私自身もいま勤めている会社の前は社員が1,000人を超える企業にいたが、やる気がない社員の割合の方が多かった気がする。なぜなんだろう?

 

入社前と入社後のギャップが大きすぎる

入社前もしくは入社当時に描いていた夢がまったく叶えることができなかったからではないかと思う。つまり、下積み期間が長すぎるのではないかと思う。有名企業になると社員が何千人、いやそれこそ何万人もいる中で仕事をしていく。自分がほんとにやりたいように仕事をするには入社してから、20年くらい経たないとできないのではないだろうか。やりたいことをやれないくフラストレーションが溜まっていき、どんどんやる気が削がれ、責任感を持たない無気力社員が増殖していくのだろう。

 逆にいえばやりたいことをやるためには仕方がないと割り切って下積み期間を我慢して過ごすことができれば、その会社では課長、次長、部長。ゆくゆくは役員へと出世していけるのだと思う。何かの本でこんな言葉があった気がする。

『会社は10%の優秀な社員で成り立っている。』 

たしかにそうかもしれない。人数が多くなればあるほど、組織としては成立するのが難しくなってくる。非常に優秀なリーダーがいない限りは。

※最近のニュースで熱意がある社員は6%しかいないなんてやってましたね。

www.nikkei.com

 

単純作業の繰り返し

大企業の仕事なんて始めのうちは、先輩社員に資料作りを頼まれたり、コピーをしたり、電話番をしたりと誰でもできるような雑務しかない。私が知っている大企業の会社なんて30代にもなって主担当ではなく先輩社員のアシスタントとして日々の業務をしている。いつになったら、入社時に描いていた自分のやりたいことができるんだろうとそんなことを思いながら、年を重ねていくんだろうな。

上記したように大企業は人が多くて溢れているから、はじめのうちは雑務をやるしかないのかもしれないが、そんなことを続けているから自分の頭では考えることが出来ない指示待ち人間が増殖されていくんだと思う。指示待ち人間は、自分の頭で考えることが苦手なのでやってみたいと思ってはいるものの(思っているだけの人が多い)面白い仕事は手に入らない。仕事が面白くないから、モチベーションも上がらない。モチベーションも上がらないから、給料も上がらない。以下無限ループ。こうして、やる気がない社員が生まれてしまうのだと思う。

 

 

結論

有名企業に夢をもって入社して、夢破れて定年まで無気力社員として過ごすのか。下積み時代を頑張って有名企業でやりたいことをやれるようになるのを待つのか。もしくはやる気、夢、希望をもってベンチャー企業に入社して早くからバリバリ働いて実力をつけるのか。どっちの人生がいいのだろうか。あ、あと最近流行りの新卒フリーランスってのもあるか。あと起業するってのもあるか。

結局はどこの会社に入社しようが自分が後悔しないような生き方、働き方、自分の理想を追い求めて生きていくしかないんだろうなと思う今日この頃。