読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

マイナースポーツが目指す未来

ラグビー日本代表がワールドカップで大活躍したのは記憶に新しいが、日本におけるラグビーはお世辞にも人気スポーツとは言えない現状にある。今回の活躍によっては日本におけるラグビー人気は一時的には高まるかもしれない。

 

f:id:yanoshiho:20151020220235j:plain

 

しかし、重要なのは一過性の人気ではなくマイナースポーツという位置付けから日本におけるサッカーや野球といったメジャースポーツと人気を争うまでにすることだと思う。そこまで行くのには非常に時間や労力、お金も掛かるかもしれない。まず初めに各クラブチームの体制も整える必要があるだろう。選手全員がプロ契約しているチームもあれば、企業に所属して午前中は企業で仕事をして、午後からラグビーの練習に参加する。プレイする環境にクラブ間で差があるのが現状だ。理想としては、すべての選手がプロとしてチームと契約し、ラグビーのことだけを考えることができる環境にすることだと思う。そのためには、スポンサーを集める、1試合の観客動員数を増やす、TV放送によって広告収入を得る、などなど課題事項が山のようにある。これらの問題はラグビー以外のマイナースポーツも頭を抱えていることだろう。

 

では、マイナースポーツがメジャースポーツになり得るためには何が必要なのか?

資金力、歴史、華やかさ、競技人口、、、 そんなものは必要ない。

 

 

必要なのは『たった1人のスーパースター』である。

サッカーであれば、キングカズこと三浦知良、野球でいえば、ミスタープロ野球こと長島茂雄。最近テレビ放送もされ人気競技になりつつあるフィギアスケートでは浅田真央、テニスであれば錦織圭

 

人気がでるスポーツの共通点としては、他の選手とは頭ひとつ抜き出た実力を持ち、尚且つ人を惹きつけるカリスマ性を持った選手がいるということである。

今回のラグビーでいえば、あの浣腸?ポーズでおなじみの五郎丸選手がそれに当てはまるだろう。実力は他の選手と頭ひとつ抜き出ているかラグビーにあまり詳しくないので正直わからないが、カリスマ性でいったら間違いなく他の選手とは比較にならないモノを持っているだろう。 そして、端正な顔立ちにあのムキムキな筋肉。あまりルールがわからない女性も今回のラグビーの試合は五郎丸目的で観戦したのではないだろうか。

 

いまのラグビー人気を一過性に終わらせないためにも、五郎丸選手にはCMやTVにたくさん出てほしい。そして、本業であるラグビーでも誰もが注目してしまうようなプレイを期待したい。2019年の日本開催のラグビーワールドカップでは、スタジアムで立ち見がでるほどの超満員、視聴率は50%越え。

夢物語かもしれないが、今回の日本代表の活躍を見ると期待せずにはいられないだろう。