読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

【里中ハル】木村拓哉が演じたドラマで史上最高にかっこいい男

芸能

キムタク。日本一かっこいい男。出るドラマが30%越えは当たり前(最近はそれほどでもないが)。抱かれたい男殿堂入り。月9バカ。スーパーアイドル。

 

色々な肩書き、顔を持つキムタクが一番輝いていたドラマは私の中ではアイスホッケーを題材した「プライド」だと思っています。

髪型、顔つき、服装、発言、あのドラマでのキムタクに何度なりたいと思ったことでしょうか。服装を真似してみたり、当時の私はプライドのキムタクに心底憧れていました。


 

そんなキムタクが演じるのは、里中ハルという実業団アイスホッケーチームのスーパースター。アイスホッケーが生活の全てといっても過言ではないほどアイスホッケーに対して真摯に向き合っている役柄。

しかし、恋愛には臆病になっているのか真面目に人を好きなることができない…というより好きになろうとしない。恋愛をゲーム感覚で考えてしまう。そんな里中ハルの冷たい心を溶かすのが、竹内結子演じる村瀬亜樹。

普通のOLとアイスホッケー界のスターの恋の行方、里中ハルのホッケーの将来は……

 

結末が気になる人はAmazonで買うかyoutubeでぜひみてください。

 

プライド DVD-BOX

プライド DVD-BOX

 

 

今回は男でも惚れてしまうかっこいいキムタクがプライドというドラマの中で発した名言を紹介していきたいと思います。

いずれはこんなことを言ってみたいなという言葉をまとめました。

使いたい人はどこかの場面でぜひ使ってください!!

 

まずは、こちら。

1.「おれはチェスの駒じゃねぇもん!!」 

新しいコーチがきて、練習メニューが一新されそうになったときに出た言葉。

サラリーマンでもいつかは言ってみたい一言ですよね。

 

続いてはこちら。

2.「寂しさなんて感じたことねぇもん。一度も。」

こんなセリフ絶対に言えないですよね、。いままでどんな環境、生活をしていたのか非常に気になります。寂しさを感じないってどんな感情なんでしょうかね。

 

そして最後はこちら。 

3. 「俺に合う女はいない。世界中のどこ探してもきっと。……亜樹以外は。」

 いや〜かっこいいですね。この上から目線の言葉。ハマる女性にはすごくハマるんでしょうね、ドラマの中の亜樹みたいに。

 

 

以上、ドラマ「プライド」でキムタク演じる里中ハルが発した名言についてまとめてみました。

普通に生活している人にとっては中々こんな言葉を言う機会はないと思いますけど、どこかのタイミングで使う気があれば、キムタクのようにかっこよくナルシストっぽく言ってみてください。