読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

夏の甲子園には必死という言葉がよく似合う

日本の夏の風物詩ともいえる甲子園。100年目の節目となる今回の大会は神奈川県代表の東海大相模の優勝で幕を閉じた。

 

f:id:yanoshiho:20150820235333j:plain

 

東海大相模と仙台育英が相交えた決勝戦は、マンガに出てきそうなドラマティックな展開で見ていて手に汗握る瞬間の連続だった。(決して会社をさぼって見ていたわけではありませんよ。)

 

それにしてもなぜ高校野球は、いや甲子園はあんなにもわたしたち観客をドキドキさせてくれるのだろうか?見ていてどちらも応援したい気持ちになるし、普段は野球を見ないにも関わらず甲子園だけは結果も気になりつい見てしまう。

 

選手が一生懸命にプレイしているからか?いや、プロ野球の選手だって試合になれば常に一生懸命にプレイしているだろう。

レベルだってプロ野球の方が高く、スーパープレイだってプロ野球の方が見れる可能性がたくさんある。それにも関わらず、世の中の人が高校野球に夢中になるのはなんでだろうか。

 

 

その答えは、、、

「必死だから!!」

だと思う。

 

甲子園を見ていると本当に必死という言葉を体現したようなプレイをしているのがよくわかる。高校生の体にはちょっと広いと感じる球場でボールを追いかける、遠くまでボールを飛ばそうと必死にバットを振る。そんな必死さが見えるからこそ、甲子園は人気なんだと思う。

 

負けたらそこでおしまい。もしかしたら、そこで野球人生が終わってしまう人もいる。だから必死になってプレイする。必死になってプレイするからこそ甲子園ってドラマも生まれるし、多くの人を惹きつける魅力もあるんだと思う。

 

プロ野球とは違う必死さ。プロ野球選手も常に一生懸命プレイしていることは間違いないだろうけど、必死というと少し違う気がする。1年を通して戦うプロと1発勝負の後がない甲子園での勝負ということも少しは関係しているのかもしれない。

甲子園ってほんと憧れる。

 

そして、見ていて一番感動するのは負けた選手と勝った選手が抱き合っているシーン。お互いの健闘を称えあって、「お前らの分も勝つからな!」「おれらに勝ったんだから優勝しろよ!」みたいなアツい友情関係が垣間見ることができるのがすごく好き。

そういう友情関係ってなんかいいなって思う。あまり、大人になってからは味わうことの経験だから本気で羨ましいなって感じるし、甲子園でお互い必死になって戦ったから生まれる友情だったりするんだろうなぁって思う。

 

 

 

何かに必死になる。大人になると多くの人が忘れてしまうことかもしれないけど、甲子園を見ると思い出させられる。必死にならない人間には何も手に入らないということを。逆に必死に何かに取り組めば、素晴らしい人生を手に入れることができるということも。

 

 

甲子園は素晴らしい!

来年もドキドキワクワクする甲子園をいまから待っている。