読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

「キャプテン翼」の心に響く名言

スポーツ

なでしこジャパンが決勝でアメリカに敗れて準優勝でワールドカップは幕を閉じたが、2大会連続での決勝進出は本当に素晴らしいことだし、彼女らのサッカー環境を考えると尊敬の念すら覚えます。でも、できることならば優勝してほしかった。優勝して、今後の女子サッカーの環境をがらりと大きく変えてほしかったです。

 

女子サッカーを取り巻く環境は今後徐々に良くなっていくことを信じて、今日は日本サッカー界に大きな変化をもたらしたと言っても過言ではない日本が世界に誇るサッカー漫画について書いていこうと思います。

「キャプテン翼」を知らない人はいないでしょう?知らない人はいますぐにでも漫画喫茶にいくか、ブックオフにでも行ってください。

超有名漫画「キャプテン翼」の登場で日本では多くの優れたMFが生まれたと言われています。(主人公である大空翼のポジションがMF)むしろ、そのせいで日本が長年抱えている決定力不足問題が生まれたのではないかとも言わている程、日本サッカー界に大きな影響を与えた漫画です。

今日はそんな有名漫画の中から印象に残るであろう名言をご紹介していきます。

これを読んで少しでもサッカーに、そしてキャプテン翼に興味を持ってもらえたら幸いです。

 

 

「サッカー好きなら諦めるなよ。」(キャプテン翼ワールドユース編 1巻参照) 

概要:中学時代、チームは全国大会にでれずにいたが個人の実力としては全国トップレベルであった葵新伍(以下新伍)に大空翼(以下翼)がかけた言葉です。葵新伍のチームメイトは翼のいる南葛中学とただ対戦することに満足して、大差をつけられていてもヘラヘラしたいるだけ。そんなチームメイトの姿に腹を立てた新伍は監督が立てた作戦を無視して単独で南葛ゴールを目指します。あとキーパーひとりというところまで単独突破は成功しましたが、最期の最期にキャプテン翼が現れるんですよ。憎たらしいな〜ほんとにも〜って感じになります、新伍からしたら。そして、やっぱり主人公ということもあり、スパッと新伍のドリブル突破を止めます。今まではちやほやしていた新伍のチームメイトは新伍がボールを取られた瞬間に手の平を返したようにヤジを飛ばします。

やっぱりサッカーは、いやサッカーに限らず全てにおいて結果が重要ですね。

そして、監督の作戦を無視したあげく得点もあげることができず、新伍は交代をさせられてしまいます。監督は交代という罰だけではなく、正座という非常に厳しい罰を新伍に与えます。

そこで新伍はこんなくそみたいなチームメイトと監督がいるチームは辞めてやる、そしてサッカーさえも辞めてやると思ってしまったんです。私も高校時代までサッカーをやってましたが、こんな仕打ちをされてらたぶん辞めますね。でも新伍はサッカーを辞めませんでした。それは翼が声を掛けてくれたからです。「サッカー好きなら諦めるなよ。」

なんて良い言葉なんでしょう。チームメイトや監督だけの為に自分の好きなサッカーを辞めるな。諦めなければいつかチャンスは巡ってくる。この言葉によって新伍はサッカーを辞めることなく、いずれは日本代表にも選ばれるような選手になります。詳しくは「キャプテン翼ワールドユース編」をご覧ください。

この翼の言葉は新伍にだけでなく、幅広い方に響くと思います。

自分が好きだと思うこと、好きなんだけど中々上手くいかないこと、そしてその道で成功したいと思っている人。多少の厳しいことがあっても「好きなら簡単には諦めるなよ。願えば叶うよ、TRUE LOVEだよ。」翼くんは頑張っているみんなに向かってそんなメッセージをくれているのだと思います。

 

今回は1つだけしか名言を取り上げませんでしたが、キャプテン翼には他にも心に響く言葉が数多くあります。興味が沸いたらぜひ読んでほしいと思います。

それではまた。