読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

日々の生活の中で気になることを自分勝手に綴っていく。

安全な社会人生活を送りたいあなたへ!!社会人1年目に絶対してはいけない3箇条

ビジネス

社会人1年目の方は入社してから約10ヶ月が経ち、会社にもそろそろ慣れてきた頃だと思います。会社の内部事情も知ることができたり、自分も一丁前に社会人としてやってるなんて思ったりしているかもしれません。社会にも会社にも慣れてきたそんなあなたに、ぜひ注意してほしい3つのことありますのでこれから伝えていきます。

社会人1年目の大きな失敗は今後の長〜い長〜い会社員としての人生に非常に大きなダメージをつけることになると思うので気をつけてください。

f:id:yanoshiho:20160214031549j:plain

 一般職の女性社員を甘く見てはいけない

これは1年目の男性社員にとっては特に大事なことだと思います。むしろこの人たちと上手くやることができれば1年目の社会人としてのデビューはひとまず成功です。いやもう今後の社会人生活は安泰ぐらいの成功かもしれません。

この方々は飲み会でちょっとタメ口で話しただけでそれを永遠と言ってきます。『私はタメ口でも全然気にしないよ〜』とか言いながら何かあるごとにチクチクと言われます。ほんとに気をつけて下ください。まじで気をつけてください。大切なので2回言います。基本的に目上の人に対してタメ口はまずいとは思いますけど、悪気がなく自然とタメ口がでてしまったとしてもこの人たち(私の会社だけかもしれませんが。。。)はすごい気にします。ほんとにこわいです。逆に可愛げのある後輩だと思ってもらえれば、社内の裏情報だったり、上司の昔話だったり色々な情報が手に入れることができると思うので上手に接することを強くお勧めします。

遅刻をしない

これは社会人としてというよりは人として当たり前かもしれませんが、すごく重要なことです。学生であれば1度や2度遅刻してもそこまで大きな問題にはならないかもしれません。だけど、社会人で遅刻をしたらすごく大きな問題になります。すぐには問題が表面化されることはないかと思いますが、ボディブローの様に徐々に効いてくると思います。あなたが仕事を頼む立場の人間なら、遅刻するような人に仕事を頼みたいと思いますか?仕事を任せてみようという気になりますか?私だったらなりません。すごく優秀でなくても遅刻せず、しっかりと仕事をしてくれる人に頼みたくなると思います。当たり前のことですので、社会人1年目の人にはしっかりと気をつけてほしいと思います。

あと、会社の飲み会の翌日はほんとに気をつけてほしいです。前日調子に乗りすぎて翌日遅刻するというのは社会人1年目の方によくあるパターンなので。。。

 調子にのらない

どんなことがあっても1年目は絶対に調子にのらないように気をつけてください。

この話とは直接関係ありませんが、私は高校1年生のときに調子にのりすぎて3年間頭を丸めるという不幸に遭いました。そのときに『調子にのるとは何か?』みたいなことを作文用紙50枚程度書いた記憶があります。話が逸れてしまいましたが、何が言いたいのかというと調子にのって得することは一切ないということです。ほんとに何も得することはないと思います。たぶん損することの方が多いでしょう。

私の同期は飲み会で調子にのりすぎ酔っ払っい部長と肩を組みながらお酒を飲んだそうですが、翌日からその部長から無視されるようになったそうです。これはかなり極端な話かもしれませんが、起こらないとは限らないので注意してください。

結論:色々書きましたが社会人1年目は謙虚に大人しく、そして誠実に過ごすように心がけることが大切ということです。