読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生曇りときどき晴れ

長い人生には、晴れの時もあれば曇りもある。むしろ雨が続くことだってあるかもしれない。けれども雨は必ず止む。そしてまた晴れる。そんな気持ちを持ちながら世の中に溢れている気になることを自由気ままに綴っていきます。

男同士で遊ぶときって飲む以外みんな何して遊ぶの?

/* */ @import "http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"; /* */ /* */ @import url("http://hatenablog.com/theme/6653586347149180725.css"); /* */ .entry-content { font-size:16px; line-height:1.8em; }
みんな何して遊んでるの?

高校、大学を卒業してから男同士で飲む以外に遊ぶことがめっきり少なくなった気がします。大学時代は暇を持て余してたからよく男同士でファミレスで何時間も話していたり、街中をぶらぶらしたり、飲むこと以外にも色々と遊ぶ選択肢が多くあったのに。

 

だけど、年を重ねて大人の階段を上り始めた頃から平日の夜に集まって飲むだけ、休日で1日暇を持て余していても平日と同じように夜に集まってビールを飲んでは学生時代の馬鹿話をするだけになってしまいまして。

 

周りから見たらイチャイチャ過ごしているようにも見えた(かもしれない)高校時代や大学時代に戻りたくなる。(注:高校時代は男子校だったが、決してホモではありません。)

f:id:yanoshiho:20150805224952j:plain

 

なぜ、こんなにも遊ばなくなってしまったんだろう?

休日に映画館やショッピングセンターなどに行ってもカップルか女性の団体がきゃっきゃしている姿しか見ません。

男同士で、しかも2人で映画館に前田のあっちゃんが主演の『イニシエーションラブ』を見に行った日には変質者として訴えられるレベルです。

でも、俺は男同士で恋愛映画を見るやつが好きだ。そんなやつは今度一緒に恋愛映画を男2人で見にいきましょう。

 

ちょっと話が逸れたが、どうして男同士で遊ぶことが少なくなってきたか私なりの見解を書いていきます。

 ①世間の目が冷たい。

男同士で遊んでいると世間の目が非常に冷たい。女性専用車両におっさんが間違えて入ったときに見せるあの目つきで何度も見られます。特に、おしゃんなカフェに入ったときはそれはそれは悲惨な状況になり、ちょっと、まって、ちょっとまって。お兄さ〜ん。的な感じで見られることは間違いないでしょう。だから遊べない。いや、そんな目で見られるくらいなら遊びたくない。

②そもそも遊ぶ友達が少ない

いや、これを言ってしまったらおしまいではないかと思うがこれも大きな理由の一つだと思います。正確に言うと友達が少ないのではなく遊べる友達が少なくなってきたという表現の方が正しいのかもしれません。

彼女にぞっこんで遊べない、結婚して子供ができた、会社に入り地方に転勤になったなどなど。年が経つにつれて環境も変わり遊ぶ友達が徐々に少なってきます。すごく寂しいけど、これも大人の階段を昇る為には必要な道だと思って今日を生きていこうと心に決めました。

ここまで色々と書いてきたけど、、、、

結論:まぁ、年齢を重ねるってこういうことなんだろうな。