人生曇りときどき晴れ

長い人生には、晴れの時もあれば曇りもある。むしろ雨が続くことだってあるかもしれない。けれども雨は必ず止む。そしてまた晴れる。そんな気持ちを持ちながら世の中に溢れている気になることを自由気ままに綴っていきます。

スポーツ

日本サッカー界が世界に誇る生きる伝説キング・カズ

三浦知良。誰もが認める日本サッカー界のスーパースター。15歳で単身ブラジルに渡りプロに。今年の2月で49歳を迎える現在もプロサッカー選手として活躍中。世界を見渡しても、プロリーグで活躍する選手の中では最年長のサッカー選手。 もはや生きる伝説。そ…

冬の風物詩高校サッカーを見て思うこと

ひと昔前の高校サッカーといえば、蹴って走るチームが象徴的だった。優勝するチームも走りを得意とするチームが多かった。国見、鹿児島実業、市立船橋。この3チームは走りを強みとする代表的な高校だと思う。 高校部活サッカーは走力。Jクラブチームの下部…

マイナースポーツが目指す未来はどこにあるのか?

ラグビー日本代表がワールドカップで大活躍したのは記憶に新しいが、日本におけるラグビーはお世辞にも人気スポーツとは言えない現状にある。今回の活躍によっては日本におけるラグビー人気は一時的には高まるかもしれない。 しかし、重要なのは一過性の人気…

夏の甲子園には必死という言葉がよく似合う

日本の夏の風物詩ともいえる甲子園。100年目の節目となる今回の大会は神奈川県代表の東海大相模の優勝で幕を閉じた。 東海大相模と仙台育英が相交えた決勝戦は、マンガに出てきそうなドラマティックな展開で見ていて手に汗握る瞬間の連続だった。(決して…

サッカーが持つ力は無限大。

サッカー、フットボール、蹴球。呼び名は色々ありますがが、世界で最も人気のあるスポーツの一つです。ワールドカップ、ヨーロッパチャンピオンズリーグ、世界クラブワールドカップ。人々を夢中にさせ、一つのボールを追い掛けることに熱狂してしまう。それ…

「キャプテン翼」の心に響く名言

なでしこジャパンが決勝でアメリカに敗れて準優勝でワールドカップは幕を閉じたが、2大会連続での決勝進出は本当に素晴らしいことだし、彼女らのサッカー環境を考えると尊敬の念すら覚えます。でも、できることならば優勝してほしかった。優勝して、今後の…